第97回 今さらながら「フィンテック」とは? - ハイキャリア - 通訳 パンドラベッド

通訳者・翻訳者のすべてが分かる ハイキャリア

お問い合わせ

HOME > 通訳 > ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう! > 第97回 今さらながら「フィンテック」とは?

ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!

ビジネス・経済・金融など sbdbvfbe. pandora кольца онлайнの分野の翻訳や通訳でよく出てくる表現をイギリスのメディアから取り上げてお届けします。

第97回 今さらながら「フィンテック」とは?

皆さん、こんにちは。数年前から急に見聞きするようになった「フィンテック」。既にこの分野のお仕事を経験済みの方も多い一方で、この言葉にモヤモヤ感を抱いている人も多いのではないでしょうか。というわけで、今回はその「フィンテック」を取り上げます。

まずは「フィンテック」という言葉そのものですが、finance(ファイナンス)とtechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語で、英語でもfintech(FinTechと大文字表記もあり)。
定義はOxfordによると、Computer programs and other technology used to support or enable banking and financial servicesで、起源は21世紀の初めとのこと。
一方、Wikipediaを見ると、an industry composed of companies that use new technology and innovation with available resources in order to compete in the marketplace of traditional financial institutions and intermediaries in the delivery of financial services. Financial technology companies consist of both startups and established financial and technology companies trying to replace or enhance the usage of financial services of incumbent companies.という冒頭の説明の後、Definitionの項目にはThere is no consensus on the definition...とあります。やはり、定義の仕方は様々のようです。

いずれにしても、「金融とIT分野が一つになって提供しているサービス」で、テクノロジーのことを指す場合もあれば、業界・企業を指す場合もあると言えそうです。アメリカをはじめとする英語圏では10年以上前から使われている言葉ですが、日本語で見かけるようになったのはまだ数年前ですね。


具体的には以下が挙げられます。

・モバイル決済(digital wallets): アップル社のApple PayやGoogle社のGoogle Walletなどスマホでの支払い機能。日本では「おサイフケータイ」が10年以上前から使われていて特に新しい機能という感じはしないかもしれません。

・ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending, P2P lending, social lending):お金を「借りたい人」と「貸したい(投資したい)人」をネット上で結びつけるサービス。借り手も貸しても従来の銀行より有利な金利で貸し借りできるのが魅力。ただし、貸倒リスク(元本は保証されていない)があるので、要注意。

・仮想通貨(virtual currency):最近急騰したビットコイン(Bitcoin)が代表例ですが、国を超えて電子取引に使われる暗号通貨(crypto currency)と、ゲーム内などでのみ利用可能なバーチャルマネーがあります。

この分野の話でよく話題に出るのはFinancial inclusion(金融包摂)です。これは世界銀行の定義によると
individuals and businesses have access to useful and affordable financial products and services that meet their needs - transactions, payments, savings, credit and insurance - delivered in a responsible and sustainable way.

日本やイギリスのような先進国だけを見ているとピンとこない概念ですが、グローバルな視点で見ると、実は銀行口座がない、正規の銀行での預金・送金、保険などのサービスを受けられない人々がたくさんいます(なんと成人20億人も!)。このような金融サービスから排除されている人々 (those excluded from the financial system) が携帯電話を活用して金融にアクセスできるようにする取り組みがインドなどの発展途上国で促進されています。


今後の課題としては以下が考えられます。

・データセキュリティ(Data security):つい最近も世界規模でのサイバー攻撃(cyber attack)があったばかりですが、外からの攻撃だけでなく、内部からのデータ漏洩も防がなければなりません。

・規制(regulation):上記のモバイル決済では既存の銀行と提携して規制下で運営されている一方、ソーシャルレンディングや仮想通貨は規制の及ばない分野で運営されています。今後、それら分野でも規制が必要だとの声が高まっています。

・従来の銀行の生き残り(survival of traditional banks):銀行業界に限ったことではありませんが、破壊的イノベーション(disruptive innovation)に既存の業界がどう立ち向かっていくのでしょうか。

以上、フィンテックについて取り上げました。今後ますます成長していく分野ですので、基本の理解にお役に立てば幸いです。

イギリスでは数年前からApple Payが使えるようになり、私もときどき使っています。お財布を忘れて出かけてもスマホさえあれば電車にも乗れるし、食事もできて慌てずにすむので助かっています。


2017年6月5日


> ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!


↑Page Top

プロフィール

グリーン裕美

グリーン裕美さん
結婚を機に1997年渡英して以来、フリーランス翻訳・通訳として活躍。ロンドン・メトロポリタン大学大学院通訳修士課程非常勤講師。 元バース大学大学院翻訳通訳修士課程非常勤講師。英国翻訳通訳協会(ITI)正会員(会議通訳・ビジネス通訳・翻訳)。
グリンズ・アカデミー運営。二児の母。
国際会議、法廷、ビジネス会議、放送通訳(BBC News Japanの動画ニュース)などの通訳以外に、 翻訳では、ビジネスマネジメント論を説いたロングセラー『ゴールは偶然の産物ではない』、『GMの言い分』、『市場原理主義の害毒』などの出版翻訳も手がけている。 また『ロングマン英和辞典』『コウビルト英英和辞典』『Oxford Essential Dictionary』など数々の辞書編纂・翻訳、教材制作の経験もあり。 向上心の高い人々に出会い、共に学び、互いに刺激しあうことに大きな喜びを感じる。 グローバル社会の発展とは何かを考え、それに貢献できるように努めている。
Follow me on Twitter!

最新記事

  • 第100回 Figures of speech その3 What gets you up in the morning? (2017.07.03)
  • 第99回 Figures of speech その2 You may say I'm a dreamer... (2017.06.26)
  • 第98回 Figures of speech その1 (2017.06.19)
  • 第97回 今さらながら「フィンテック」とは? (2017.06.05)
  • 第96回 「ピンピンコロリ」の英訳は? (2017.05.28)

通訳

  • ビジネス翻訳・通訳で役立つ表現を学ぼう!
  • 21世紀の通訳-Interpreting in the 21st Century-
  • 通訳者のための現場で役立つ同時通訳機材講座
  • Training Global Communicators
  • 通訳者のひよこたちへ
  • 忙しい人のためのビジネス英語道場
  • 通訳者インタビュー
  • やりなおし英語道場
  • Written from the Mitten
  • 通訳者のたまごたちへ
  • 通訳美人道
  • マリコがゆく
  • 通訳学校へ行こう
  • 通訳になるには
  • 通訳に求められるマナー
  • 通訳現場おもしろエピソード

Usefulお役立ちコンテンツ


お仕事情報
お仕事情報
通訳・翻訳お仕事Q&A
通訳・翻訳お仕事Q&A


通訳・翻訳者リレーブログ
通訳・翻訳者リレーブログ
通訳者インタビュー
通訳者インタビュー
翻訳者インタビュー
翻訳者インタビュー


パンドラベッド

Armband Pandora
pandora parijs
pandora ringe salg
pandora charms priser
pandora offizielle Website

ykden.s145.xrea.com Ykden.s145.xrea.comsimilar sites

xrea.com

xrea (エクスリア) は、快適なウェブ環境を提供する無料ウェブサービスです。 Language: N/A

Categories:
Site Topics: アンテナ sup 掲示板 web
    • AD
    • 1
      rojix

      ������ƃ}�j�a�b�n�și�n���̉ߏ�ȓ��u���������̓�x�v�ɓa�~�x�e���asf�

      Hashtags for #コボパーク in Instagram, Twitter, Vimeo

      We gather the most Popular contents for you

      Discover best of Instagram, Twitter and Vimeo.

      You want to search some tags like コボパーク

      Use box below to get most popular Instagram, Twitter and Vimeo tags

      コボパーク £â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク a£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク b£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク c£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク d£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      f£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク g£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク h£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク i£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク j£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク k£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      m£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク n£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク o£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク p£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク q£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク r£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      t£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク u£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク v£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク w£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク x£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク y£â€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ³ボパーク Ãa‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãb‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãc‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãd‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãe‚³ãƒœãƒ‘ーク
      Ãg‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãh‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãi‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãj‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãk‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãl‚³ãƒœãƒ‘ーク
      Ãn‚³ãƒœãƒ‘ーク Ão‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãp‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãq‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãr‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãs‚³ãƒœãƒ‘ーク
      Ãu‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãv‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãw‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãx‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãy‚³ãƒœãƒ‘ーク Ãz‚³ãƒœãƒ‘ーク
      ãa€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãb€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãc€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãd€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãe€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãf€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ãh€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãi€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãj€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãk€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãl€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãm€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ão€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãp€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãq€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãr€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãs€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãt€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ãv€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãw€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãx€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãy€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãz€šÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ãâbšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâcšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâdšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâešÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâfšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâgšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ãâišÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâjšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâkšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâlšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâmšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãânšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ãâpšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâqšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâršÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâsšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâtšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâušÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ãâwšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâxšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâyšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâzšÂ³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâ€Â³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ãâ€a³ãƒœãƒ‘ーク
      ãâ€c³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€d³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€e³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€f³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€g³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€h³ãƒœãƒ‘ーク
      ãâ€j³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€k³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€l³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€m³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€n³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€o³ãƒœãƒ‘ーク
      ãâ€q³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€r³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€s³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€t³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€u³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€v³ãƒœãƒ‘ーク
      ãâ€x³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€y³ãƒœãƒ‘ーク ãâ€z³ãƒœãƒ‘ーク コボパーク ã‚a³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚b³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ã‚d³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚e³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚f³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚g³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚h³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚i³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ã‚k³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚l³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚m³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚n³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚o³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚p³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ã‚r³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚s³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚t³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚u³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚v³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚w³Ã£Æ’œãƒ‘ーク
      ã‚y³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚z³Ã£Æ’œãƒ‘ーク ã‚Âボパーク ã‚Âaボパーク ã‚Âbボパーク ã‚Âcボパーク
      ã‚Âeボパーク ã‚Âfボパーク ã‚Âgボパーク ã‚Âhボパーク ã‚Âiボパーク ã‚Âjボパーク
      ã‚Âlボパーク ã‚Âmボパーク ã‚Ânボパーク ã‚Âoボパーク ã‚Âpボパーク ã‚Âqボパーク
      ã‚Âsボパーク ã‚Âtボパーク ã‚Âuボパーク ã‚Âvボパーク ã‚Âwボパーク ã‚Âxボパーク
      ã‚Âzボパーク コ£Æ’œãƒ‘ーク コa£Æ’œãƒ‘ーク コb£Æ’œãƒ‘ーク コc£Æ’œãƒ‘ーク コd£Æ’œãƒ‘ーク
      コf£Æ’œãƒ‘ーク コg£Æ’œãƒ‘ーク コh£Æ’œãƒ‘ーク コi£Æ’œãƒ‘ーク コj£Æ’œãƒ‘ーク コk£Æ’œãƒ‘ーク
      コm£Æ’œãƒ‘ーク コn£Æ’œãƒ‘ーク コo£Æ’œãƒ‘ーク コp£Æ’œãƒ‘ーク コq£Æ’œãƒ‘ーク コr£Æ’œãƒ‘ーク
      コt£Æ’œãƒ‘ーク コu£Æ’œãƒ‘ーク コv£Æ’œãƒ‘ーク コw£Æ’œãƒ‘ーク コx£Æ’œãƒ‘ーク コy£Æ’œãƒ‘ーク
      コÜパーク コÃaƒœãƒ‘ーク コÃbƒœãƒ‘ーク コÃcƒœãƒ‘ーク コÃdƒœãƒ‘ーク コÃeƒœãƒ‘ーク
      コÃgƒœãƒ‘ーク コÃhƒœãƒ‘ーク コÃiƒœãƒ‘ーク コÃjƒœãƒ‘ーク コÃkƒœãƒ‘ーク コÃlƒœãƒ‘ーク
      コÃnƒœãƒ‘ーク コÃoƒœãƒ‘ーク コÃpƒœãƒ‘ーク コÃqƒœãƒ‘ーク コÃrƒœãƒ‘ーク コÃsƒœãƒ‘ーク
      コÃuƒœãƒ‘ーク コÃvƒœãƒ‘ーク コÃwƒœãƒ‘ーク コÃxƒœãƒ‘ーク コÃyƒœãƒ‘ーク コÃzƒœãƒ‘ーク
      コãa’œãƒ‘ーク コãb’œãƒ‘ーク コãc’œãƒ‘ーク コãd’œãƒ‘ーク コãe’œãƒ‘ーク コãf’œãƒ‘ーク
      コãh’œãƒ‘ーク コãi’œãƒ‘ーク コãj’œãƒ‘ーク コãk’œãƒ‘ーク コãl’œãƒ‘ーク コãm’œãƒ‘ーク
      コão’œãƒ‘ーク コãp’œãƒ‘ーク コãq’œãƒ‘ーク コãr’œãƒ‘ーク コãs’œãƒ‘ーク コãt’œãƒ‘ーク
      コãv’œãƒ‘ーク コãw’œãƒ‘ーク コãx’œãƒ‘ーク コãy’œãƒ‘ーク コãz’œãƒ‘ーク コãƜパーク
      コãÆbœãƒ‘ーク コãÆcœãƒ‘ーク コãÆdœãƒ‘ーク コãÆeœãƒ‘ーク コãÆfœãƒ‘ーク コãÆgœãƒ‘ーク
      コãÆiœãƒ‘ーク コãÆjœãƒ‘ーク コãÆkœãƒ‘ーク コãÆlœãƒ‘ーク コãÆmœãƒ‘ーク コãÆnœãƒ‘ーク
      コãÆpœãƒ‘ーク コãÆqœãƒ‘ーク コãÆrœãƒ‘ーク コãÆsœãƒ‘ーク コãÆtœãƒ‘ーク コãÆuœãƒ‘ーク
      コãÆwœãƒ‘ーク コãÆxœãƒ‘ーク コãÆyœãƒ‘ーク コãÆzœãƒ‘ーク コビパーク コãƒa“パーク
      コãƒc“パーク コãƒd“パーク コãƒe“パーク コãƒf“パーク コãƒg“パーク コãƒh“パーク
      コãƒj“パーク コãƒk“パーク コãƒl“パーク コãƒm“パーク コãƒn“パーク コãƒo“パーク
      コãƒq“パーク コãƒr“パーク コãƒs“パーク コãƒt“パーク コãƒu“パーク コãƒv“パーク
      コãƒx“パーク コãƒy“パーク コãƒz“パーク コãƒÅパーク コãƒÅaパーク コãƒÅbパーク
      コãƒÅdパーク コãƒÅeパーク コãƒÅfパーク コãƒÅgパーク コãƒÅhパーク コãƒÅiパーク
      コãƒÅkパーク コãƒÅlパーク コãƒÅmパーク コãƒÅnパーク コãƒÅoパーク コãƒÅpパーク
      コãƒÅrパーク コãƒÅsパーク コãƒÅtパーク コãƒÅuパーク コãƒÅvパーク コãƒÅwパーク
      コãƒÅyパーク コãƒÅzパーク コボ£Æ’‘ーク コボa£Æ’‘ーク コボb£Æ’‘ーク コボc£Æ’‘ーク
      コボe£Æ’‘ーク コボf£Æ’‘ーク コボg£Æ’‘ーク コボh£Æ’‘ーク コボi£Æ’‘ーク コボj£Æ’‘ーク
      コボl£Æ’‘ーク コボm£Æ’‘ーク コボn£Æ’‘ーク コボo£Æ’‘ーク コボp£Æ’‘ーク コボq£Æ’‘ーク
      コボs£Æ’‘ーク コボt£Æ’‘ーク コボu£Æ’‘ーク コボv£Æ’‘ーク コボw£Æ’‘ーク コボx£Æ’‘ーク
      コボz£Æ’‘ーク コボÑーク コボÃaƒ‘ーク コボÃbƒ‘ーク コボÃcƒ‘ーク コボÃdƒ‘ーク
      コボÃfƒ‘ーク コボÃgƒ‘ーク コボÃhƒ‘ーク コボÃiƒ‘ーク コボÃjƒ‘ーク コボÃkƒ‘ーク
      コボÃmƒ‘ーク コボÃnƒ‘ーク コボÃoƒ‘ーク コボÃpƒ‘ーク コボÃqƒ‘ーク コボÃrƒ‘ーク
      コボÃtƒ‘ーク コボÃuƒ‘ーク コボÃvƒ‘ーク コボÃwƒ‘ーク コボÃxƒ‘ーク コボÃyƒ‘ーク
      コボã’‘ーク コボãa’‘ーク コボãb’‘ーク コボãc’‘ーク コボãd’‘ーク コボãe’‘ーク
      コボãg’‘ーク コボãh’‘ーク コボãi’‘ーク コボãj’‘ーク コボãk’‘ーク コボãl’‘ーク
      コボãn’‘ーク コボão’‘ーク コボãp’‘ーク コボãq’‘ーク コボãr’‘ーク コボãs’‘ーク
      コボãu’‘ーク コボãv’‘ーク コボãw’‘ーク コボãx’‘ーク コボãy’‘ーク コボãz’‘ーク
      コボãÆa‘ーク コボãÆb‘ーク コボãÆc‘ーク コボãÆd‘ーク コボãÆe‘ーク コボãÆf‘ーク
      コボãÆh‘ーク コボãÆi‘ーク コボãÆj‘ーク コボãÆk‘ーク コボãÆl‘ーク コボãÆm‘ーク
      コボãÆo‘ーク コボãÆp‘ーク コボãÆq‘ーク コボãÆr‘ーク コボãÆs‘ーク コボãÆt‘ーク
      コボãÆv‘ーク コボãÆw‘ーク コボãÆx‘ーク コボãÆy‘ーク コボãÆz‘ーク コボダ˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒb€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒc€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒd€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒe€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒf€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒg€˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒi€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒj€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒk€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒl€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒm€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒn€˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒp€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒq€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒr€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒs€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒt€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒu€˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒw€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒx€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒy€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒz€˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâ˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâa˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒâc˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâd˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâe˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâf˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâg˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâh˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒâj˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâk˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâl˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâm˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒân˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâo˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒâq˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâr˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâs˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒât˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâu˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâv˜Ã£Æ’¼ã‚¯
      コボãƒâx˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒây˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâz˜Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâ€Ã£Æ’¼ã‚¯ コボãƒâ€aーク コボãƒâ€bーク
      コボãƒâ€dーク コボãƒâ€eーク コボãƒâ€fーク コボãƒâ€gーク コボãƒâ€hーク コボãƒâ€iーク
      コボãƒâ€kーク コボãƒâ€lーク コボãƒâ€mーク コボãƒâ€nーク コボãƒâ€oーク コボãƒâ€pーク
      コボãƒâ€rーク コボãƒâ€sーク コボãƒâ€tーク コボãƒâ€uーク コボãƒâ€vーク コボãƒâ€wーク
      コボãƒâ€yーク コボãƒâ€zーク コボパ£Æ’¼ã‚¯ コボパa£Æ’¼ã‚¯ コボパb£Æ’¼ã‚¯ コボパc£Æ’¼ã‚¯
      コボパe£Æ’¼ã‚¯ コボパf£Æ’¼ã‚¯ コボパg£Æ’¼ã‚¯ コボパh£Æ’¼ã‚¯ コボパi£Æ’¼ã‚¯ コボパj£Æ’¼ã‚¯
      コボパl£Æ’¼ã‚¯ コボパm£Æ’¼ã‚¯ コボパn£Æ’¼ã‚¯ コボパo£Æ’¼ã‚¯ コボパp£Æ’¼ã‚¯ コボパq£Æ’¼ã‚¯
      コボパs£Æ’¼ã‚¯ コボパt£Æ’¼ã‚¯ コボパu£Æ’¼ã‚¯ コボパv£Æ’¼ã‚¯ コボパw£Æ’¼ã‚¯ コボパx£Æ’¼ã‚¯
      コボパz£Æ’¼ã‚¯ コボパüク コボパÃaƒ¼ã‚¯ コボパÃbƒ¼ã‚¯ コボパÃcƒ¼ã‚¯ コボパÃdƒ¼ã‚¯
      コボパÃfƒ¼ã‚¯ コボパÃgƒ¼ã‚¯ コボパÃhƒ¼ã‚¯ コボパÃiƒ¼ã‚¯ コボパÃjƒ¼ã‚¯ コボパÃkƒ¼ã‚¯
      コボパÃmƒ¼ã‚¯ コボパÃnƒ¼ã‚¯ コボパÃoƒ¼ã‚¯ コボパÃpƒ¼ã‚¯ コボパÃqƒ¼ã‚¯ コボパÃrƒ¼ã‚¯
      コボパÃtƒ¼ã‚¯ コボパÃuƒ¼ã‚¯ コボパÃvƒ¼ã‚¯ コボパÃwƒ¼ã‚¯ コボパÃxƒ¼ã‚¯ コボパÃyƒ¼ã‚¯
      コボパ㒼ク コボパãa’¼ã‚¯ コボパãb’¼ã‚¯ コボパãc’¼ã‚¯ コボパãd’¼ã‚¯ コボパãe’¼ã‚¯
      コボパãg’¼ã‚¯ コボパãh’¼ã‚¯ コボパãi’¼ã‚¯ コボパãj’¼ã‚¯ コボパãk’¼ã‚¯ コボパãl’¼ã‚¯
      コボパãn’¼ã‚¯ コボパão’¼ã‚¯ コボパãp’¼ã‚¯ コボパãq’¼ã‚¯ コボパãr’¼ã‚¯ コボパãs’¼ã‚¯
      コボパãu’¼ã‚¯ コボパãv’¼ã‚¯ コボパãw’¼ã‚¯ コボパãx’¼ã‚¯ コボパãy’¼ã‚¯ コボパãz’¼ã‚¯
      コボパãÆa¼ã‚¯ コボパãÆb¼ã‚¯ コボパãÆc¼ã‚¯ コボパãÆd¼ã‚¯ コボパãÆe¼ã‚¯ コボパãÆf¼ã‚¯
      コボパãÆh¼ã‚¯ コボパãÆi¼ã‚¯ コボパãÆj¼ã‚¯ コボパãÆk¼ã‚¯ コボパãÆl¼ã‚¯ コボパãÆm¼ã‚¯
      コボパãÆo¼ã‚¯ コボパãÆp¼ã‚¯ コボパãÆq¼ã‚¯ コボパãÆr¼ã‚¯ コボパãÆs¼ã‚¯ コボパãÆt¼ã‚¯
      コボパãÆv¼ã‚¯ コボパãÆw¼ã‚¯ コボパãÆx¼ã‚¯ コボパãÆy¼ã‚¯ コボパãÆz¼ã‚¯ コボパーク
      コボパãƒb¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒc¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒd¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒe¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒf¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒg¼Ã£â€šÂ¯
      コボパãƒi¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒj¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒk¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒl¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒm¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒn¼Ã£â€šÂ¯
      コボパãƒp¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒq¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒr¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒs¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒt¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒu¼Ã£â€šÂ¯
      コボパãƒw¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒx¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒy¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒz¼Ã£â€šÂ¯ コボパãƒÂク コボパãƒÂaク
      コボパãƒÂcク コボパãƒÂdク コボパãƒÂeク コボパãƒÂfク コボパãƒÂgク コボパãƒÂhク
      コボパãƒÂjク コボパãƒÂkク コボパãƒÂlク コボパãƒÂmク コボパãƒÂnク コボパãƒÂoク
      コボパãƒÂqク コボパãƒÂrク コボパãƒÂsク コボパãƒÂtク コボパãƒÂuク コボパãƒÂvク
      コボパãƒÂxク コボパãƒÂyク コボパãƒÂzク コボパー£â€šÂ¯ コボパーa£â€šÂ¯ コボパーb£â€šÂ¯
      コボパーd£â€šÂ¯ コボパーe£â€šÂ¯ コボパーf£â€šÂ¯ コボパーg£â€šÂ¯ コボパーh£â€šÂ¯ コボパーi£â€šÂ¯
      コボパーk£â€šÂ¯ コボパーl£â€šÂ¯ コボパーm£â€šÂ¯ コボパーn£â€šÂ¯ コボパーo£â€šÂ¯ コボパーp£â€šÂ¯
      コボパーr£â€šÂ¯ コボパーs£â€šÂ¯ コボパーt£â€šÂ¯ コボパーu£â€šÂ¯ コボパーv£â€šÂ¯ コボパーw£â€šÂ¯
      コボパーy£â€šÂ¯ コボパーz£â€šÂ¯ コボパー¯ コボパーÃa‚¯ コボパーÃb‚¯ コボパーÃc‚¯
      コボパーÃe‚¯ コボパーÃf‚¯ コボパーÃg‚¯ コボパーÃh‚¯ コボパーÃi‚¯ コボパーÃj‚¯
      コボパーÃl‚¯ コボパーÃm‚¯ コボパーÃn‚¯ コボパーÃo‚¯ コボパーÃp‚¯ コボパーÃq‚¯
      コボパーÃs‚¯ コボパーÃt‚¯ コボパーÃu‚¯ コボパーÃv‚¯ コボパーÃw‚¯ コボパーÃx‚¯
      コボパーÃz‚¯ コボパー〚¯ コボパーãa€šÂ¯ コボパーãb€šÂ¯ コボパーãc€šÂ¯ コボパーãd€šÂ¯
      コボパーãf€šÂ¯ コボパーãg€šÂ¯ コボパーãh€šÂ¯ コボパーãi€šÂ¯ コボパーãj€šÂ¯ コボパーãk€šÂ¯
      コボパーãm€šÂ¯ コボパーãn€šÂ¯ コボパーão€šÂ¯ コボパーãp€šÂ¯ コボパーãq€šÂ¯ コボパーãr€šÂ¯
      コボパーãt€šÂ¯ コボパーãu€šÂ¯ コボパーãv€šÂ¯ コボパーãw€šÂ¯ コボパーãx€šÂ¯ コボパーãy€šÂ¯
      コボパーãâšÂ¯ コボパーãâašÂ¯ コボパーãâbšÂ¯ コボパーãâcšÂ¯ コボパーãâdšÂ¯ コボパーãâešÂ¯
      コボパーãâgšÂ¯ コボパーãâhšÂ¯ コボパーãâišÂ¯ コボパーãâjšÂ¯ コボパーãâkšÂ¯ コボパーãâlšÂ¯
      コボパーãânšÂ¯ コボパーãâošÂ¯ コボパーãâpšÂ¯ コボパーãâqšÂ¯ コボパーãâršÂ¯ コボパーãâsšÂ¯
      コボパーãâušÂ¯ コボパーãâvšÂ¯ コボパーãâwšÂ¯ コボパーãâxšÂ¯ コボパーãâyšÂ¯ コボパーãâzšÂ¯
      コボパーãâ€a¯ コボパーãâ€b¯ コボパーãâ€c¯ コボパーãâ€d¯ コボパーãâ€e¯ コボパーãâ€f¯
      コボパーãâ€h¯ コボパーãâ€i¯ コボパーãâ€j¯ コボパーãâ€k¯ コボパーãâ€l¯ コボパーãâ€m¯
      コボパーãâ€o¯ コボパーãâ€p¯ コボパーãâ€q¯ コボパーãâ€r¯ コボパーãâ€s¯ コボパーãâ€t¯
      コボパーãâ€v¯ コボパーãâ€w¯ コボパーãâ€x¯ コボパーãâ€y¯ コボパーãâ€z¯ コボパーク
      コボパーã‚b¯ コボパーã‚c¯ コボパーã‚d¯ コボパーã‚e¯ コボパーã‚f¯ コボパーã‚g¯
      コボパーã‚i¯ コボパーã‚j¯ コボパーã‚k¯ コボパーã‚l¯ コボパーã‚m¯ コボパーã‚n¯
      コボパーã‚p¯ コボパーã‚q¯ コボパーã‚r¯ コボパーã‚s¯ コボパーã‚t¯ コボパーã‚u¯
      コボパーã‚w¯ コボパーã‚x¯ コボパーã‚y¯ コボパーã‚z¯ コボパー゠コボパーã‚Âa
      コボパーã‚Âc コボパーã‚Âd コボパーã‚Âe コボパーã‚Âf コボパーã‚Âg コボパーã‚Âh
      コボパーã‚Âj コボパーã‚Âk コボパーã‚Âl コボパーã‚Âm コボパーã‚Ân コボパーã‚Âo
      コボパーã‚Âq コボパーã‚Âr コボパーã‚Âs コボパーã‚Ât コボパーã‚Âu コボパーã‚Âv
      コボパーã‚Âx コボパーã‚Ây コボパーã‚Âz